• 両村鍼灸整体院

ニキビと美容鍼灸

今回はニキビと美容鍼灸というテーマでニキビの原因をはじめ、ニキビ解消に美容鍼灸が及ぼす効果についてご紹介していきます。

1.ニキビとは

2.ニキビの原因

3.ニキビの種類

4.美容鍼灸がニキビに効果的な理由

 

1.ニキビとは

ニキビとは、おでこや、頬、口の周り、下あごなどにできる発疹のことをいいます。

思春期から青年期にかけてよくみられる発疹です。

毛穴に皮脂が溜まってしまい、毛穴の出口が炎症を起こして小さく隆起し、すぐに治るものや長期間残ってしまうもの、さらにはニキビ痕として痕になってしまうこともあります。

思春期にできるものを「ニキビ」、大人になってできるものを「吹き出物」と言い分けられますが、両者の区別はなく同じものです。


2.ニキビの原因

ニキビの原因は主に以下の3つです。

・毛穴のつまり

・皮脂が過剰に分泌される

・ニキビの元の菌「アクネ菌」の増殖

肌は約1カ月で角質が垢として剥がれ落ちて新しい皮膚細胞に生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り返しています。皮脂は毛穴から汗とともに排出されますが、ターンオーバーが乱れてしまった肌は毛穴が分厚くなってしまい皮脂が毛穴に詰まってしまいます。そうなると「アクネ菌」が増殖してしまいます。アクネ菌は皮脂を栄養源にしているため毛穴に皮脂が詰まっているところを好みます。

思春期には、「アンドロゲン」という皮脂の分泌を高める性質をもった男性ホルモンが多く分泌されます。思春期にニキビが発生しやすいのは、このような影響が考えられます。


3.ニキビの種類

ニキビの種類には、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビの3種類あります。

白ニキビは初期の状態で、皮脂の分泌が多くなり毛穴の奥に皮脂がたまって肌表面が白く盛り上がったものをいいます。この段階では炎症は起きておらず、皮膚の下では毛包が広がるとともに、アクネ菌が増え始めています。


黒ニキビは毛穴に古い皮脂や、角質が詰まって黒く酸化してしまったものをいいます。

この黒ニキビは「非炎症性皮疹」と呼ばれる状態です。黒ニキビは小鼻やおでこ、いわゆるTゾーンにできやすいものです。この部分は皮脂の分泌量が多く、脂っぽくベタベタしやすい部分です。毛穴に古い角質や皮脂が詰まり、これが空気に触れることで黒く変色してしまうのです。白ニキビは皮脂が毛穴に詰まった状態ですが、その皮脂が黒く変色することで黒ニキビとなるため、白ニキビが進行した結果黒ニキビになります。


赤ニキビは、毛穴に何らかの物質が詰まり、その後アクネ菌と呼ばれる常在菌が繁殖してしまい炎症を起こしてしまい起こります。肌表面のバリア機能が弱くなっていることが原因となったり、ストレス、免疫力低下などがアクネ菌繁殖の原因となります。


4.美容鍼灸がニキビに効果的な理由



美容鍼灸は、ニキビ解消効果が期待できます。

その理由は、美容鍼灸により「肌のターンオーバー促進」が起こるためです。

肌のターンオーバーが促進されることにより、成熟した肌の細胞がつくられ、肌のバリア機能が強くなり肌荒れが改善され、さらには肌荒れしにくい状態をつくることができます。

その他、ホルモンバランスの乱れにより肌荒れを起こすタイプの肌荒れに対しては、美容鍼灸で自律神経にアプローチして、改善を期待することができます。


しかし、ニキビに対する施術に関しては、即効性は期待できません。

施術をしてから時間差で変化を感じる方が多いです。※ターンオーバーが関係しています。

繰り返し施術をしていくことにより、肌質の変化を感じていきます。

推奨ペースに関しては「美容鍼灸を受ける推奨ペース」の記事をご覧ください。


両村鍼灸整体院では、美容鍼灸を提供しております。

ご予約はLINE公式アカウントもしくはお電話でお待ちしております。

よくあるご質問はこちら


ー---------

両村鍼灸整体院

愛媛県松山市鉄砲町7-27

Mayfair鉄砲町Pemiumテナント1F


TEL:089-989-6919


▼instagram

https://www.instagram.com/ryomura_kosuke/

ー---------


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示