• 両村鍼灸整体院

ほうれい線と美容鍼灸

ほうれい線でお悩みの方、いらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では、「ほうれい線と美容鍼灸」というテーマでほうれい線の原因をはじめ、美容鍼灸がほうれい線解消に及ぼす効果についてご紹介します。

1.ほうれい線とは

2.ほうれい線の原因

・加齢によるたるみ

・表情筋の衰え

・コラーゲンの減少

3.美容鍼灸がほうれい線に及ぼす効果

 

1.ほうれい線とは

小鼻から口の両側を通ってあごまで伸びるシワのことです。

笑ったときにほうれい線が入りますが、笑うことでほうれい線が深くなっているわけではありません。

そしてよく勘違いされているのが、ほうれい線はシワの一種だと思われていることです。

ほうれい線とシワは全くの別物で、ほうれい線自体は骨格や筋肉などの影響により発生するものであり、対してシワは肌のキメや潤いが失われることによりできます。


2.ほうれい線の原因

・加齢によるたるみ

ほうれい線は加齢とともに深くなっていきます。これは加齢により表情筋が衰えたり、コラーゲン量が減少してしまうためです。

これらにより皮膚のたるみが発生してほうれい線が深くなっていきます。


・表情筋の衰え

顔にある筋肉のことを表情筋といい、30種類以上の筋肉があります。

これらの筋肉が働くことにより目や口、鼻などを動かして様々な表情をつくります。

表情筋は日常生活において半分以上が使われていません。それによって表情筋は衰えてしまい顔がたるんでいきます。その結果ほうれい線が濃くなってしまいます。


・コラーゲンの減少

肌は表皮と真皮からなります。表皮は身体表面の皮膚のことで外部からの刺激から真皮を守っています。コラーゲンは、表皮より深くにある真皮層に存在していて、このコラーゲンが肌の弾力を保っています。コラーゲンは年齢を重ねるごとに体内でつくる力がなくなってしまい、真皮層にあるコラーゲン量が少なくなっていきます。その結果弾力がなくなり、肌のハリがなくなりたるみが発生します。たるみが発生することによりほうれい線が濃くなってしまいます。

※コラーゲンをつくる力は10代~30代前半がピークといわれています


3.美容鍼灸がほうれい線に及ぼす効果

ほうれい線の原因である「たるみ」や「筋力低下」などに美容鍼灸でアプローチすることでほうれい線解消が期待できます。

まず「たるみ」に対して美容鍼灸が及ぼす効果として、美容鍼灸にはコラーゲンの産生を促進する効果があります。コラーゲンを産生促進することにより肌の弾力がうまれ「たるみ」解消に繋がります。

また「筋力低下」についてですが、残念ながら美容鍼灸により筋力を強化することはできません。しかしながら、衰えた表情筋は筋力低下とともに筋肉が縮こまって硬くなっています。このことを萎縮といいます。その萎縮してしまった筋肉を美容鍼灸で柔らかくすることで普段使えていない筋肉を使えるようにしていきます。その結果筋力低下を予防したり、筋力を強くしていくことに繋げていきます。

この「たるみ」「筋力低下」を解消することによってほうれい線を薄くしていきます。


以上ほうれい線と美容鍼灸についてご紹介しました。

両村鍼灸整体院では、美容鍼灸を提供しております。

ご予約はLINE公式アカウントもしくはお電話でお待ちしております。

よくあるご質問はこちら


ー---------

両村鍼灸整体院

愛媛県松山市鉄砲町7-27

Mayfair鉄砲町Pemiumテナント1F


TEL:089-989-6919



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示