top of page
  • 執筆者の写真両村鍼灸整体院

美容鍼で冬の紫外線対策を

冬は寒さ対策にばかり意識が向きがちですが、実は冬の紫外線はあなどれません。日差しが穏やかだからといって紫外線対策を怠るとみるみる肌老化が進んでしまいます。

今回は冬の紫外線についてご紹介します。また、美容鍼が紫外線対策になるため、効果の詳細をご紹介します。


・シミ

・くすみ

・シワ

・ターンオーバーを促進する

・顔の血流を促進する

 

1.冬と夏の紫外線の違い

夏の紫外線は短時間で肌にダメージを与えます。それに対して冬の紫外線は少しずつ時間をかけて肌にダメージが加わります。冬の紫外線を浴びてもすぐに日焼けをしないため気づかない内に肌ダメージが蓄積していきます。

紫外線は、UV-AとUV-Bに分類されます。それぞれ人に与える影響が違います。

冬の紫外線はUV-Aであり、肌を日焼けさせるなど急激な影響を与えませんが、ダメージを蓄積させるため要注意です。

夏の紫外線はUV-Bであり、短時間で肌にダメージを与えます。


太陽


2.冬の紫外線がもたらす肌の老化


肌の状態を気にする女性

シミ

冬の紫外線によって蓄積した肌ダメージがシミを形成します。冬場は、夏に比べて紫外線対策が甘くなるため冬場にシミができやすくなります。


くすみ

冬の紫外線に長時間さらされることにより、肌の新陳代謝が悪くなりくすみを発生させます。また冬場は全身の血流も悪くなるため、くすみがでやすくなります。


シワ

冬の紫外線により肌のコラーゲンが破壊され、シワができます。また冬場の乾燥もシワをより目立たせてしまいます。



3.美容鍼で冬の紫外線対策

美容鍼の施術

ターンオーバーを促進する

美容鍼をすることにより顔の血流が良くなりターンオーバーが促進されます。その結果、肌に冬の紫外線で蓄積されているメラニンが排出されシミを予防したり軽減したりする効果が期待できます。


顔の血流を促進する

冬は気温が低いため血流が悪くなります。血流が悪くなると顔のくすみの原因になります。美容鍼で血流改善され顔の血色が良くなりくすみが解消されます。



4.まとめ

冬の紫外線(UV-A)は意外と強く、肌ダメージが蓄積してしまいがちです。シミやくすみ、シワなどの原因となります。美容鍼をすることにより肌の血流が促進され冬の紫外線対策になります。

冬の紫外線対策に美容鍼はいかがですか?



ー---------

両村鍼灸整体院

愛媛県松山市鉄砲町7-27Mayfair鉄砲町Pemiumテナント1F

TEL:089-989-6919


ご予約はお電話もしくは、LINE公式アカウントより受付しております。

ー---------



美顔鍼 ¥6,800 -


美容鍼

顔に鍼を刺すことにより、しわ、くすみ、むくみなどを解消します。またターンオーバーの促進効果があるため肌荒れやシミの予防などが期待できます。 ご予約はお電話もしくは、LINE公式アカウントより受付しております。



記事の執筆者


両村鍼灸整体院の院長

両村 亘祐(りょうむら こうすけ) 1990年4月10日生まれ 鍼灸師/柔道整復師 愛媛県松山市の両村鍼灸整体院で院長を務める。 臨床経験は11年で、年間約3000人の施術を行う。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page